IPv6

IPv6の概要

*ビット長
    *128bit
*NAT不要に
*IPアドレスの設定が容易に
*アドレス変更が透過的に行える
*ルータやスイッチにかかる負荷が少ない
*IPv6ではマルチキャスト

IPv6ヘッダ

*特徴
    *フィールド数の減少
        *40バイト
    *TTLからホップリミットに
    *可変長から固定長へ
    *IPレイヤでのヘッダチェックサムを廃止

IPv6表記

*16ビットごとに「:」区切る

IPv6の省略記法

*各ブロックの先頭の連続する「0」は省略可能
*「0000」は「0」とする
*連続する「0」のブロックは一回だけ「::」に置き換え可能

IPv6のアドレスの種類

*ユニキャストアドレス
    *グローバル
        *2000::/3
    *ユニークローカル
        *プライベートアドレス
        *アドレスのバッディング問題の解消
        *FC00::/7
    *リンクローカル
        *1つのブロードキャストドメイン上で有効
        *FE80://10
*マルチキャストアドレス
    *FF00::/8
*エニーキャストアドレス

インタフェースID

リンク上でホストを識別するために使用

*手動
*自動(EUI-64, 匿名)

EUI-64

MACアドレスをもとに生成する。

手順は以下

1. MACアドレスの上位3バイトと下位3バイトをわけ、間に「FFFE」を挿入
2. 1バイト目の下位2ビット目(u/lビット)を反転する

匿名

ランダムにインターフェースIDを生成

特殊なユニキャストアドレス

*ループバックアドレス
    * ::1
*未指定アドレス
    * ::
*IPv4互換アドレス
    * ::/96
    * 0:0:0:0:0:0:<w.x.y.z>
    * ::<w.x.y.z>
*6to4アドレス
    * 2002::/16