実習Linuxカーネルをやってみる

この本をある方から勧められて、実習がてらやっています。

実習Linuxカーネル―理論と実習 カーネルを効率的に理解するための実習書

実習Linuxカーネル―理論と実習 カーネルを効率的に理解するための実習書

  • 作者: ゲーリーナット,Gary J. Nutt,浜田真理,浜田光之
  • 出版社/メーカー: ピアソンエデュケーション
  • 発売日: 2001/12
  • メディア: 単行本
  • クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (7件) を見る

実習で作成したソースコードは以下にあります。

この本は2.2.14なカーネルを対象としただいぶ古い本です。ですが、現行のカーネルで対応できそうなものはそっちで実習しようかなぁと考えたりしています。

ちなみに実習は以下のとおり。

  1. Linuxの振る舞いを観察する
  2. シェルプログラム
  3. カーネルタイマ
  4. カーネルモジュール
  5. システムコール
  6. 共有メモリ
  7. 仮想メモリ
  8. 同期メカニズム
  9. スケジューラ
  10. デバイスドライバ
  11. ファイルシステム
  12. ファイル入出力

今の所は実習2のシェルの作成で止まってます。。。orz

もし、アドバイスなどある方はGithubのissueの方に投稿して頂けると、大変幸せです。