機会

今まで本番環境で作業したことは無かったのだけれど、最近作業する機会があった。

今までは検証環境での作業が主だった。 初の本番環境での作業を経験して思ったことが1つある。 それは、"人間は信用出来ない"ということだ。

今回の作業は別に難しいものではない。結果として滞り無く作業は終わった。 ただ作業の中で幾つか手作業が入ってしまった。事前に検証環境で作業を自動で行うスクリプトを組んで、 検証していたのだけれど、怠惰と想定不足のために本番環境での手作業が入った。

手作業は危険だ。というか、人間が危険だ。人間は信用出来ない。人間は間違いを犯す。 もちろんシステム側で間違いを吸収することも大切だ。だが手作業自体を極力減らすことも非常に重要だ。

そんな大体の人にとってアタリマエのことを今更感じたのでメモしておく。