CentOS7 へ Jenkins インストール

下記を簡単に試してみたメモ。

CentOS7へのJenkinsのインストール手順

インストール

java のインストール

# yum update
# yum install java-1.8.0-openjdk

RedHat Linux 向け Jenkins リポジトリの追加

# wget -O /etc/yum.repos.d/jenkins.repo http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins.repo
# rpm --import http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins-ci.org.key

wget が無かったので、インストール

# yum install wget

Jenkins のインストール

# yum install jenkins
# chkconfig jenkins on

firewalld の設定

root@localhost ~]# firewall-cmd --list-all
public (default, active)
    interfaces: ens18
    sources:
    services: dhcpv6-client ssh
    ports:
    masquerade: no
    forward-ports:
    icmp-blocks:
    rich rules:

jenkins のデフォルトポートが開いていないので、開けます。

# firewall-cmd --add-port=8080/tcp --zone=public --permanent

Administrator password の入力

8080 にアクセスすると、"Unlock Jenkins" という画面が出てくるので、"/var/lib/jenkins/secrets/initialAdminPassword"にあるパスワードを入力する

plugin のインストール

おすすめ plugin をインストール

First Admin User 作成

admin user 作成

終わり。

本当は、pluginインストール, user 作成を自動化したい。

Ansible 化

jenkins role

ugokunodaroka